今回のお題は、パナソニックが2013年6月末に発売したミラーレス一眼「LUMIX DMC-G6」だ。落合カメラマンは、同社のマイクロフォーサーズ機「LUMIX Gシリーズ」の性能を高く評価しており、いくつものボディーやレンズを自腹で衝動買いしてきた。最近は、G6の登場で型落ちとなった「DMC-G5」を気に入って使っていたが、G6はG5と比べて納得できる進化が感じられる“ホンモノ感”がある一方で、従来モデルから性能面や使い勝手が後退したことによる“失望”も感じたという。

パナソニックのミラーレス一眼「LUMIX G」シリーズの中堅モデルとなる「DMC-G6」。従来よりも小型軽量化が図られた高倍率ズームレンズ「LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6」が付属する標準ズームレンズキット(写真)の実勢価格は9万8000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 まず最初に……私は「GH1」の所有歴があり、「GH2」はいまだ所有し(ただし2台所有していたうちの1台は手放している)、「GX1」を2台所有し(両方ともEVF付きだ)、「GF3」を手放せずにいて(外装ボロボロ)、「G5」を持っている男である。交換レンズも、ズームのニッパチ2兄弟をはじめ、アレコレいろいろたまってしまった。つまり、パナソニックのマイクロフォーサーズ機、および交換レンズ群はわりあい(というか、かなり)お気に入りなのだ。ま、正直なトコロ、オリンパスイメージングの「OM-D E-M5」を手に入れてからは、ボディーの出番はずいぶん減ってしまったのだけど、でも、レンズは相変わらずバリバリに活用している。

 いま、パナのボディーで一番、使用頻度が高いのはG5。この連載で毎回ブツ&顔写真の撮影(自分撮り)に使っているのも、何を隠そうG5だ。電動ズームレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6」を装着したG5って、「バリアングル液晶モニター&ファンクションレバーによるズーミング操作&手ぶれ補正機能」がそろい踏みとなることで、片手で行う自分撮りがメッチャしやすいのだ(このツラ下げての自分撮りはチョイと虚しいが)。いちばん助かるのが、ファンクションレバーをチョチョイっと操作することで画角の微妙な調整が可能であるところ。ずいぶん便利な世の中になったものである。

DMC-G6の登場で型落ちとなった「LUMIX DMC-G5」。写真は、電動ズームレンズ「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6」を装着した状態
[画像のクリックで拡大表示]
電動ズームレンズと組み合わせた場合は、シャッターボタンの後ろにあるファンクションレバーでズーム操作ができるのが特徴だ(写真のレンズは非電動タイプ)
[画像のクリックで拡大表示]

 やっぱり、背面モニターはひっくり返るぐらい大きく動いた方が便利だし、電動ズームの使い勝手も捨てたものではないし、手ぶれ補正機能はあるにこしたことはない。これらを積極的に否定すべき理由は、少なくとも現代のミラーレス機にはないと思うのだ。もちろん、あくまでも「画質や使い勝手に悪影響を与えない」ことが前提にはなるけれど、ミラーレス機にはこれらの機能、やっぱり備わっている方が魅力は上。「一眼レフにはできない撮り方ができる」ことをミラーレスの魅力にひとつに数え上げるのであれば、なおさらそのように思うワケである。