ストーリオ「AvanWood スライド型」

曲げ木を使った大人のハードケース

幅174×高さ69×奥行き45mm。2種類の木(手前がケヤキ、奥がクルミで展開する。2013年8月ネット販売開始予定。予約受付中、価格未定
[画像のクリックで拡大表示]

 ハードタイプのペンケースで大人向きのものは意外と少ない。その点、このAvanWoodのスライド型ケースは、木目の美しさやデザイン性の高さはもちろん、それなりの本数の筆記具を収納できるので、中の筆記具をしっかりと保護するケースとして使える。実はこの製品、眼鏡ケースとして作られたものだが、裏技的にペンケースとして注文する人が多いという。このデザイン性と扱いやすさは、たしかにペンケースとして使わない手はない。

 仕事机の上に置いていても違和感のないデザインで、本革のインナーケースの上にかぶせるように曲げ木(木材に熱などを加えて変形させ、乾燥させて固定したもの)のカバーを配置。革のインナーは高さがあるため見た目よりも収納力があり、通常の筆記具なら10本程度は楽に入る。太い万年筆でも複数本収納可能で、筆記具だけでなく消しゴムやシャープナーなども入れておける。カバー内側には眼鏡が中で動かないように押さえる革製スペーサーが用意されており、これが筆記具を入れたときにも全体を適度に押さえてくれるので、本数が少なくても中でガチャガチャ動かない。

 サイズ的には予備バッテリーやケーブルなどを入れておくのにちょうどよく、筆記具とバッテリー、ケーブル、付せんなどを入れ、外で仕事をする際の道具箱的にも使える。

 曲げ木は弾力があるので特に留め具を使わなくてもインナーを保持でき、開閉に手間がかからないし、サイズも最小限に抑えられる。これはほかの素材にはない特性だ。曲げ木を使うアイデアと技術に触れるだけでも面白いし、独特の味わいが何よりの魅力かもしれない。

曲げ木のカバーを開くと革製のインナーが現れる
[画像のクリックで拡大表示]
木製なので存在感があるが、意外にコンパクトでカバンの中での収まりも良い
[画像のクリックで拡大表示]
インナーは収納力もたっぷり。筆記具10本程度は収納できる
[画像のクリックで拡大表示]