今回のお題は、パナソニックのミラーレス一眼のフラッグシップ機「LUMIX DMC-GH3」だ。防塵防滴機構を施したボディーに、映画や放送の用途にも使える動画撮影機能を搭載した高性能モデルだ。ふだん、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼を愛用している落合カメラマンは、当初は「衝動買いする気分すら起きなかった」というが、「APS-Cデジタル一眼レフをしのぐ部分が多い」と晴れて購入を決断した。その心変わりの理由とは?

 パナソニックの「LUMIX DMC-GH3」(以下、GH3)って、最初ぜんぜん欲しくならなかった。LUMIXはGH1、GH2、GX1、GF3、G5の所有経験があり(GH1以外は今も所有)、魅力あるモノがそろっていることから交換レンズもどんどん増えてしまい、そのおかげでいつの間にやら依頼仕事のおよそ半分をマイクロフォーサーズ・フォーマットでこなすようになってしまっている私なのだけど、どういうワケかGH3には最初ビビビッとこなかったのだ。

パナソニックのミラーレス一眼のフラッグシップモデル「LUMIX DMC-GH3」。女性好みのデザインが多いミラーレス一眼にあって、各社の高性能デジタル一眼レフ似の本格的なスタイルや防塵防滴ボディーを採用する。ボディー単体モデルの実勢価格は12万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 原因は明白。ファインダーだ。初対面の時、まず最初に「ものすごく見にくいEVFだな」と思わされてしまった。ただし、それはβ機。GH3のレビューとしてはもっとも初期段階のものとなる記事を執筆するために借用した貸出機がそんな状態だったのだ。

 「たぶん、β機だからなんだろうな。製品版では手直しされているに違いない」

 自然にそう思った。そう考えずにはいられないほどブワブワににじんで見えるファインダーだった。正直、ビックリ。いくらβ機とはいえ、記事を書くために借りた個体がコレではあまりにも印象が悪いだろう、と。

 先に述べたとおりの所有歴があったことから、当然GH3のデキは気になっていたし、ものすごく期待もしていた。でも、ファインダーに対する不安があったため、購入には踏み出せなかったというのが実情だ。待てば製品版を試用する機会もあるだろうと、様子見を決め込んでいたワケである。

 「得意ワザ、衝動買い(むふっ♪)」であるクセしてイロイロ考えちゃうのは、いろんな毛がなくなったり白くなったりしているイイ歳こいたオ・ト・ナ・だ・か・ら。そして今回、改めて使う機会に恵まれたGH3。ありがたい。ジツにありがたい。ホントすんません(?)。