雑誌『日経エンタテインメント!』のコラムと連動するこのコーナー。毎月、1つのお題に沿って、これから大ブレイクしそうなニューフェースをピックアップし、マーティが集中的に聴き込みます。『日経エンタテインメント!』では、そのなかでも特にユニークだという「イチ推し」を中心に紹介。そして、こちらの「日経TRENDY Net」では、雑誌で紹介し切れなかった「さらにオススメ!」のアーティストについて、その魅力を語ります。

 J-POPでは、昔から、女の子が主役のガールズバンドが人気だよね。 街を歩いてても、ギターケースを抱えた若い女の子たちの姿を、当たり前のようにしょっちゅう見かけます。僕はこれまで世界中のいろんな国を見てきたけど、日本の女の子たちの“バンドやってる率”は、間違いなく世界一だと思うよ。

 そこで今月は、今話題の女の子バンド&ユニットを5組ピックアップ。いずれも、iTunesの「2013年期待のニューアーティスト」に選ばれたり、音楽雑誌の新人特集で大きくフィーチャーされたり、今年ブレイクが期待されているバンドばかりです。

 その5組の中で、僕が今月のイチ推しに選んだのは、tricot(トリコ)。クールな見た目とは裏腹に、大暴れの“爆裂サウンド”をかき鳴らしてくれる、要注目の4人組バンドです。詳しくは、雑誌『日経エンタテインメント!』4月号をぜひチェックしてみてください。

 ここではさらに、さめざめ、黒木渚、ケラケラ、CHEESE CAKEという4組のNewガールズバンド&ユニットをチェック。それぞれのサウンドの魅力を掘り下げてみます。

さめざめ
『愛とか夢とか恋とかSEXとか』
作詞・作曲・ボーカルを務める笛田さおりのソロプロジェクト。09年に『愛とか夢とか恋とかSEXとか』をネット上で発表。女の子の本音をつづったポジティブな歌詞が反響を呼び、10~20代の女性から支持を集める。iTunes Storeが選出する「2013年期待のニューアーティスト」にも選ばれている。
『愛とか夢とか恋とかSEXとか』は、12年12月5日に新録バージョンでリリースされたメジャーデビューシングル
[画像のクリックで拡大表示]

 さめざめの曲は、女の子の不安や悩みを正直につづった歌詞が一番の魅力だね。多分、女の人が聴いたら、歌詞のいろんな部分で「分かる、分かる!」って超共感できるんじゃないかな。逆に男が聴いても、ふだんは知れない女の子の本音を覗いているみたいな気持ちになれるじゃん。

 このシングル曲も、ピアノの素敵なメロディーをメインにしたシンプルな構成で、歌詞をじっくり聴かせる狙いの作りになってます。びっくりしたのは、間奏のパート。普通ならギターソロが来るところだけど、この曲の間奏はベースソロです。全体の流れをいったん静かに落ち着かせることで、後半をよりドラマティックに盛り上げていくための仕掛けになってるんだよ。

 笛田さんのボーカルは、ちょっと鼻声っぽくて、僕がJ-POPで一番好きなタイプの声質です。ラストのサビの後半で1ヵ所だけ音程が上がるところなんて、あまりにかわいくて、胸がキュンとなっちゃうよ。ちょっと強引に例えると、中島美嘉さんと浜崎あゆみさんのふたりが結婚して赤ちゃんが生まれたら、こんな感じの声になりそうだね(笑)。

黒木渚
『あたしの心臓あげる』
Vo&Gt黒木渚、Dr本川賢治、Bassサトシという3人組の男女混成バンド。2010年に福岡県で結成。11年3月に初の自主制作CD『ハツ/ノーリーズン』を発表。iTunes Storeが選出する「2013年期待のニューアーティスト」にも選ばれている。
 『あたしの心臓あげる』は、2012年12月に九州限定でリリースされ、その後に全国発売もされた1stシングル。プロデュースを担当しているのは、Coccoやくるりなどを手がけてきた根岸孝旨
[画像のクリックで拡大表示]

 このバンドの最大の武器は、ボーカルの黒木渚さんの存在感だね。いろんな感情を伝えられる表現力が素晴らしくて、まだデビューしたばかりなのに、いきなり大物アーティストの貫禄じゃん。声の質は違うけど、バンドリーダーとしてのカリスマ性という意味では、Superflyの志帆さんに少し似ているかもしれません。

 バックの演奏も、冒険的でクリエイティブな雰囲気が全体的に出ています。あんまり冒険的なアレンジを狙いすぎると、肝心のボーカルが負けちゃう危険性もあるんだけど、このバンドはボーカルの存在感がすごいから、その心配はなさそうです。

 歌詞でびっくりしたのは、サビの部分がすべて英語になっていること。デビュー曲としては、大胆でリスキーなチャレンジだよね。正直、英語の発音は完璧とは言えないけど、日本人のボーカルによくある“カタカナ英語”と違って、“黒木渚流”の独特な解釈でかっこよく歌い切ってるから、これはこれでありだと思うよ。