100円ショップの激戦区、大阪・心斎橋にニューフェイスが誕生した。アパレル企業の遊心クリエイションが新たに手掛ける激安雑貨店「ASOKO(アソコ)」だ。

 セレクトショップやインテリア雑貨店などか軒を連ねる南堀江のオレンジストリートに2013年3月2日にオープン。2日間で3000人強が来店し、予想を上回る売り上げを達成した。“おしゃれな激安雑貨店”として早くも話題を集めている。

 1号店はオレンジストリートに面した前衛ビルの1階で、店舗面積は約330平米。「サプライズをたのしもう」をコンセプトに、文具、キッチン用品、インテリア雑貨から玩具、ゲーム、アウトドアグッズまで幅広くそろう。価格は100~500円が中心。100円ショップでは扱っていないおしゃれなデザインや機能を備えた雑貨が多い。

 その理由について、遊心クリエイションの森島純嗣社長は「商品に価格以上の価値を感じてもらいたいから」と話す。モノや情報があふれる今、モノに費やす金額は減っている。そこで同店では少ない予算の中で悦びや満足感を得られるモノという基準でセレクト。「ちょっと気の利いたモノで、普段の生活にちょっとした感動」を提供する。

 大阪・心斎橋界隈では2012年7月、アメリカ村にデンマーク発の激安雑貨店「タイガー・コペンハーゲン」(以下、タイガー)が日本1号店を開業。来店客が殺到し、品不足で一時休業に追い込まれたが、その勢いはいまも衰えていない(詳しくはこちらの記事を参照)。さらに、心斎橋筋北商店街には、ダイソーが最新デザインの大型店を出店。若い女性客や外国人観光客にも好評だ。ほかにも「スリーコインズ」「セリア」「ミカヅキモモコ」など女性に人気の低価格雑貨店がしのぎを削っている。

 一方、遊心クリエイションは2001年、アパレル企業として創業。5年前にスタートした低価格のSPAブランド「YEVS(イーヴス)」を主軸に事業を拡大してきた。2013年2月期の売り上げは前年比37%増の52億円となり、過去最高を更新。新業態のASOKOは今夏より本格展開し、3年後100店舗体制をめざす。海外進出も視野に入れ、オリジナル商品の開発にも着手するという。

 ただ雑貨業界で後発のアパレル企業が、全く勝手が違う業態でなぜ事業拡大を狙えるのか。その可能性を探った。

南堀江のオレンジストリート沿いにオープンした激安雑貨店「ASOKO」。ロゴマークにも遊び心が感じられる
[画像のクリックで拡大表示]
オープンから2日間で3000人強が訪れた
[画像のクリックで拡大表示]