2012年4月にFacebookが10億ドルで買収した写真共有サービスの米Instagram。同年12月には、利用規約改定騒動(投稿した写真の販売や広告で利用するかのような内容)が持ち上がったので記憶にも新しいだろう。この問題は、Instagramのケビン・シストロムCEOが謝罪して一応の決着をみたようだが、ユーザーとしては「このままInstagramを使い続けてよいものか……」という、不安感が残る形になった。

 筆者もそんな一人だ。Instagramのヘビーユーザーではないが、ときおり写真の投稿に愛用してきた。写真を「Twitter」や「Facebook」へ投稿しつつ、オンラインアルバムの「Flickr」にバックアップできたり、位置情報の共有サービス「foursquare」にチェックインできるのが特に便利だなぁと思っていたのだ。以前に紹介した少人数SNSの「Path」も、Twitterやfoursquareに同時投稿できるのだが、写真加工という点ではInstagramに分があり、状況に応じて使い分けてきた。

 Instagramは月間のアクティブユーザー数9000万人を誇るなど、ダントツの人気サービスとはいえ、前述したような懸念材料もある。そこで今回、代わりになるサービスを探すことにした。本コラムとして目を付けたのは、同じく写真共有サービスの「EyeEm」だ。英語版ではあるが、iOS、Android、Windows Phone向けに無料アプリを提供している。実際に使ってみると、「Instagramより使いやすいのでは?」と感じる面も多々あった。

写真共有SNS「EyeEm」の公式サイト。ユーザー登録(無料)するか、Facebookアカウントを使ってログインする
[画像のクリックで拡大表示]

 特にフォローしなくても、人気の写真や現在地の周辺で撮られた写真が見られたり、公開できたりするところが良くできている。アーティスティックな写真も多く、自分で投稿しなくても他の人が投稿した写真を見ているだけでも楽しめるサービスといえそうだ。

EyeEmにログインしたところ。ユーザーをフォローしなくても、人気のある写真などを一覧できる
[画像のクリックで拡大表示]
こちらはiPhoneのEyeEmアプリ。右下にある「DISCOVER」やメニュー内にある「around me」を選ぶと、周辺で撮られた写真がズラリと表示される
[画像のクリックで拡大表示]