先日シャープがロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ) RX-V100」を発売し、スマートフォンとの連動機能に注目が集まった。外出先からスマートフォンを操作し、自宅にあるCOCOROBOのカメラを呼び出して部屋の様子を撮影するという機能だ。従来は外出先からCOCOROBOを動かすことはできなかったが、バージョンアップによって指定の位置まで動かすこともできるようになった。これによって、「ペットケージの前まで移動してペットの様子を撮影する」といったことも可能になる。

 だがCOCOROBOは、いかんせん価格が高い(実勢価格11万8000円)というのが多くのユーザーにとってはネックになってしまう。そこで今回は、とても安価に外出先から自宅の様子をうかがえるネットワークカメラを紹介しよう。

7400円で定点観測カメラを実現!

 アイ・オー・データ機器が2012年12月下旬に発売する「TS-WLCAM」(直販価格7400円)は、有線LAN/無線LAN対応のネットワークカメラだ。スマートフォンやタブレット、パソコンなどから離れた場所の様子を動画で確認できるというもの。

アイ・オー・データ機器が2012年12月下旬に発売する「TS-WLCAM」(直販価格7400円)
[画像のクリックで拡大表示]
TS-WLCAMの本体前面
[画像のクリックで拡大表示]
TS-WLCAMの本体背面。ACアダプター端子とLAN端子を備えている。Wi-Fiにも対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 自宅のリビングなどに設置すれば、不在時の防犯対策にもなるし、ペットの様子や子どもの様子をうかがうこともできる。

 設置や接続はとても簡単だ。TS-WLCAMにはスタンドとスタンド用の脚が2本付いており、スタンドの高さを変えられる。スタンドには3本のねじも付属しており、テーブルなどの上に置くだけでなく、壁や天井など好きな場所に取り付けることも可能だ。ACアダプターを取り付ければ設置完了だ。

 TS-WLCAMは有線LANとWi-Fi(無線LAN)に対応。WPS(Wi-Fi Protected Setup)に対応しており、WPS対応のWi-Fiルーターであればワンタッチでネットワークに接続できる。Wi-FiルーターのWPSボタンを長押しして設定モードにし、TS-WLCAMのWPSボタンを長押し(約1秒)すれば接続設定が完了する。

ACアダプターを取り付ければ設置完了
[画像のクリックで拡大表示]
Wi-FiルーターをWPSモードにして、TS-WLCAMの背面にあるWPSボタンを長押しすれば接続が完了する
[画像のクリックで拡大表示]