今回は、ヨドバシカメラ新宿西口店 カメラ館に、デジタル一眼カメラの売れ筋を取材した。ヨドバシカメラ新宿西口店は、総合店舗のマルチメディア館(北/南)のほか、プリント館やゲーム・ホビー館といった専門性の高い複数の店舗が集まって形成されており、カメラ館もそのひとつに数えられる。マルチメディア館よりも専門性の高い品ぞろえから、ヘビーユーザーの常連客も多く、ハイスペックなモデルが売れやすい。そんなこだわり派御用達の店舗でヒットしているモデルは、以下のとおりだ。掲載したランキングは、数量ではなく売り上げ金額ベースで並べており、型番と価格は各シリーズでもっとも売れているものを掲載した。

●デジタル一眼カメラの売れ筋ランキング
1位 D600 24-85 VRレンズキットニコン27万2000円(ポイント10%)
フルサイズのCMOSを搭載した2426万画素カメラ。AF測距点が39あり、5.5コマ/秒の連写が可能だ。本体サイズと重量はW141×D82×H113mm/約760gとなる。標準レンズ付き。
2位 D800 ボディーニコン29万8000円(ポイント10%)
フルサイズCMOSセンサーを搭載する3630万画素カメラで、AF測距点は51。連写は最速4コマ/秒連写となる。ボディーサイズと重量はW146×D81.5×H123mm/約900gだ。
3位 EOS 5D Mark III ボディーキヤノン32万4700円(ポイント10%)
61のAF測距点を持つ中級機で、撮像素子はフルサイズとなる。有効画素数は2230万となり、連写は最速6コマ/秒。ボディーサイズと重量はW152×D76.4×H116.4mm/約860gだ。
4位 D3200 レンズキットニコン6万6400円(ポイント10%)
APS-C型のCMOSを採用した2416万画素の入門機で、18-55mmの標準レンズが付属する。AF測距点は11。連写は最速4コマ/秒。本体はW125×D76.5×H96mm/約455gとなる。
5位 EOS Kiss X6i EF-S18-55 IS II レンズキットキヤノン7万3700円(ポイント10%)
標準レンズが付属した約1800万画素の入門機。APS-C型のCMOSを内蔵し、AF測距点は9となる。連写は最速5コマ/秒で、サイズと重量はW133.1×D78.8×H99.8mm/約520g。
ミラーレス
1位
EOS M ダブルレンズキットキヤノン9万1000円(ポイント10%)
APS-C型のCMOSセンサーを搭載するミラーレス一眼。有効画素は約1800万。AF測距点は31あり、4.3コマ/秒の連写が可能だ。本体はW108.6×D32.3×H66.5mm/約262gとなる。
ミラーレス
2位
OM-D E-M5ダブルズームキットオリンパス
イメージング
12万5800円(ポイント10%)
4/3型のLive MOSセンサーを内蔵した1605万画素カメラで、AF測距点は35となる。最速9コマ/秒の連写が可能だ。ボディーサイズと重量はW121×D41.9×H89.6mm/約373g。

 数量ベースでは上位に食い込むミラーレス一眼も、一部のモデルで製品の切り替え時期が重なったこともあり、売り上げベースではトップ5に入らなかった。上位には定番の入門機以上に中級機が目立っており、同店ならではのハイスペック志向が強く見られる。同店の鈴木光貴氏は「ミラーレスも各社から多数の意欲作が出て、盛り上がっていますね。ただ、ウチでは現在それ以上に、フルサイズCMOSセンサーを備えた一眼レフカメラの売れ行きが目立ったため、上記のようなランキングになりました」と解説する。詳細は次のページから追っていこう。

ヨドバシカメラ新宿西口店 カメラ館。1階と2階にデジタル一眼カメラが大量に並んでいる
[画像のクリックで拡大表示]

※写真や文章で掲載している価格とポイントは、2012年11月21日14:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。