パソコンなしのスキャンを実現 スキャナーの置き場所が変わる

 Wi-Fi接続によるスキャンは、iPhone/iPadなどのiOS端末と、Androidのスマートフォンとタブレット端末に対応します。iX500発売後にリリースされる無料の専用アプリ「ScanSnap Connect Application」でスキャンを実行して、データをそのままモバイル端末に保存できます。

 これまでスキャナーはパソコンの隣にあるのが当たり前でした。その理由はパソコンとケーブルでつながっているからにほかなりません。しかし、今回のiX500はその常識を破っています。初期設定ではパソコンとiX500をUSBケーブルで接続する必要がありますが、そこでWi-Fiの設定をしてしまえば、それ以降はiX500をパソコンとつなげる必要がないのです。

 だから、スマートフォンやタブレット端末でiX500を使うのなら、生活導線の中で「スキャンをしたい場所」におけます。家族みんなでスマートフォンなどでスキャンするならばリビングにおくのも素敵ですね。

 なお、現段階はパソコンでiX500を使うときはUSB接続しかできません。iX500の製品発表会のとき「近い将来、パソコンとのWi-Fi接続も実現する」という回答があったので、これが実現すればさらに置き場所を問わなくなるでしょう。

ScanSnap iX500 無線設定1/5
[画像のクリックで拡大表示]
ScanSnap iX500 無線設定2/5 スキャナー本体の無線スイッチをON
[画像のクリックで拡大表示]
ScanSnap iX500 無線設定3/5 無線ネットワークから選択
[画像のクリックで拡大表示]
ScanSnap iX500 無線設定4/5 無線ネットワークのセキュリティキーを設定
[画像のクリックで拡大表示]
ScanSnap iX500 無線設定5/5 ScanSnapの無線設定に成功した
[画像のクリックで拡大表示]
ScanSnap iX500 モバイル機器接続のセットアップ 1/2
[画像のクリックで拡大表示]
ScanSnap iX500 モバイル機器接続のセットアップ 2/2 アプリインストール後に動作確認
[画像のクリックで拡大表示]
モバイル端末用のアプリ「ScanSnap Connect Application」。画像はiPadで動作しているiOS版
[画像のクリックで拡大表示]