解禁されるまで飲めない特別感から毎年秋の風物詩となっている「ボージョレヌーボー」の解禁ですが、今年は「出来が悪い」という前評判もあり、盛り上がりも低下傾向。それでも年に1度ワインのことを思い出させてくれるイベントですから、こうしたきっかけは大切にしたいところ。

 1000円以下の手ごろなボージョレも種類が増えてきていますから、今回は、リーズナブルなボージョレに絞って、どこよりも早い分析結果をレポートしたいと思います。

西友「フランソワ・フッシェ ボジョレー・ヌーヴォー」はフルボトル(750ml)で650円
[画像のクリックで拡大表示]
イオン「トップバリュ ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」はフルボトル(750ml)で980円
[画像のクリックで拡大表示]