一般的に貧弱なテレビの音をできるだけ高音質で聴きたいという人にお薦めなのが「ホームシアタースピーカーシステム」だが、それとは違うスピーカーのニーズがある。それは「テレビの音を手元(耳元)で聴きたい」というものだ。

 最近は高齢者向けの“手元スピーカー”が各メーカーから販売されており、密かな人気となっている。以前に当連載で紹介したJVCケンウッドの「SP-A750」などもその一つだ。充電器を兼ねたベースステーションをテレビの近くに設置して接続し、使う時だけベースステーションからスピーカーを聴きたい場所まで持ち出して聴くというもの。使い勝手も聞き取りやすさも良好なのだが、いかんせん「デザインがいまいち……」という問題があった。

 そこで今回は、今までの“高齢者用ワイヤレススピーカー”とは一線を画す、コンパクトでスッキリとしたかわいらしいデザインが魅力のワイヤレススピーカーを紹介しよう。パナソニックの「SC-MC10」(実勢価格1万1500円)だ。

パナソニックが2012年6月に発売したBluetooth対応ワイヤレススピーカーシステム「SC-MC10」
[画像のクリックで拡大表示]