今回のお題は、35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したニコンのデジタル一眼レフカメラ「D600」だ。これまでのフルサイズモデルと比べて本体の小型軽量化や低価格化を図り、より広い層をターゲットとした意欲的なモデルだ。発表以来、APS-C機を愛用しているニコンファンを中心に注目を集めている1台だが、落合氏の評価はいかに…!?

 なんだかイイ具合に“ちょうどいい”…これがD600を使った偽らざる印象だ。キャラクターや製品の立ち位置からすると「D4やD800の下に位置するライトなフルサイズ機」なのだが、その「ライトさ加減」が絶妙というか、ズッポリはまるというか、とにかく気分良く写真を撮るための要素がイイ感じでパッケージされているデジタル一眼レフだったのだ。

ニコンの低価格フルサイズ一眼「D600」。実勢価格は、ボディー単体モデルが19万5000円前後、標準ズームレンズ付きの24-85 VRレンズキットが24万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 何はともあれ「軽快感」が抜群。とりわけ、動作音が抑えられつつも小気味よさを失っていないシャッターの感触がいい。5.5コマ/秒の連写が可能であるところもプラスに作用し、結果、撮影時の軽快感はD800を大きく上回ることになっている。4コマ/秒と5.5コマ/秒の違いは無遠慮なほどにあからさまだ。

 メカメカしいシャッター感触が魅力のD700(ボディー単体時)との比較でも、感覚的な俊敏さはD600の方が上。ただし、ファインダー像の消失時間はD700の方が明らかに短いように感じる。D600のシャッターユニットのスペック(最高1/4000秒&シンクロ1/200秒)には明らかなるコストダウンの影を見ることができるのだが、なるほど細部をつつくと、たとえファインダー視野率で勝っていようと「D700よりも格下」の感触は隠しきれない。少なくとも「一眼レフカメラ」としては、そうだ。

 しかし、いま現在D600を差しおいて、あえてD700を使うという選択がアリなのかどうかといえば、個人的には「ナシ」であると断言することになる。「デジカメとして」見ると、D600の方が明らかに“上”の仕上がりを見せるからだ。自動ゆがみ補正機能の搭載、アクティブD-ライティング「ON」設定をモノともしない(連続撮影可能枚数の減少がない)画像処理エンジンの処理スピード、そして解像度の圧倒的な差を前提とするならば超高感度領域の仕上がりでさえD700と同等、もしくはD600有利との結論を導くことに…。これが、今回D600を散々使い、惚れたがゆえにまたしても買っちまったワタシの判断だ。

24mmで撮影。キットを組む標準ズームとしての“写り”は及第点。D700との比較では、筋肉質でパワフルなD700に対し、細身で軽々と舞うD600…そんな違いを感じる(AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR使用、ISO100、1/250秒、F8.0)
[画像のクリックで拡大表示]
85mmで撮影。階調豊かな再現だ。自動ゆがみ補正ONで撮っているので、歪曲も感じさせない。もう少しカリッと再現したい被写体ではあるが(AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR使用、ISO100、1/160秒、F8.0)
[画像のクリックで拡大表示]