ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏による連載。今回はパナソニックの「Let's note AX2」をレビューする。分類的にはウルトラブックに属するが、ディスプレーが360度回転するため、タブレット的な使い方も可能。このモデルならWindows 8のタッチ操作を存分に生かせる!?

 Windows 8に向いたパソコンを各社がリリースしはじめている中、パナソニックからも、これまでにないLet's noteが登場した。「Let's note AX2」は、全くの新モデルだ。モバイルに適したウルトラブックのスペックに加え、タブレットとしても使える回転型の液晶を備えているのだ。簡単に言ってしまうと、液晶がぐるりと360度回転するわけだ。

 普通のノートパソコンは、いわゆる天板部分を畳んだり開いて利用する。普通のノートを畳んだ状態を逆に考えると分かりやすい。すなわち、Let's note AX2のタブレットモードでは、畳んだ状態で天板の部分に液晶が、底面部分にはキーボードが来るわけだ。

 僕はしばらくWindows 8を試用し続けているが、最大のポイントはタッチ操作でこそ使いやすいことだ。マウスとキーボードだけで使おうとすると、慣れるまではストレスを感じる方もいるだろう。少なくとも、各種作業の手順が増えている部分もあるからだ。ところが、タッチ操作で使うとかなり快適に感じる。つまり、これからWindows 8を搭載したパソコンを購入するなら、やはりタッチ操作対応のモデルこそがおすすめなのだ。

 そこで、液晶部分を取り外せる、スライドする、回転するなど、各種の方法でタブレットとして使える製品が登場しているのである。

 Let's note AXもその中の1台と考えていいだろう。タブレットとして使うというコンセプトは同様である。ただ違うのは、Let's noteらしいオーバースペックとも思えるつくりの良さがあることだ。

新登場のLet's note AX2は、カテゴリーとしてはウルトラブックに含まれるスリムなノートだ
[画像のクリックで拡大表示]
直販限定の黒は非常に格好がいい
[画像のクリックで拡大表示]