今回のお題は、ソニーの高性能コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100」だ。質感の高いコンパクトボディーに、コンパクトデジカメとしては圧倒的に大きな1.0型のCMOSセンサーと明るいズームレンズを搭載し、画質を追求した製品だ。発売以来、熱心な写真ファンを中心に高い人気を得ている1台だが、オチアイ氏の評価はいかに…!?

ソニーの「Cyber-shot DSC-RX100」。実勢価格は5万円前後だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ナニか一芸に秀でていないと手を出しにくいのが、最近のデジカメだ。2芸、3芸に秀でていればいうことはない。正確には、デジカメがそうなのではなく、最近の私の嗜好と思考がそうなっているというだけのハナシである。でも、特にコンデジに対しては、どうしてもそんな思いを強く押しつけてしまうところがある。

 ケータイやスマホで写真を撮ることがほとんどなく、一眼レフを持ち歩くのがさほど苦にならず、まぁでも軽くて小さいに越したことはないということで、ここのところマイクロフォーサーズあたりを重用することの多いオトコのひとつの捉え方…とでもいおうか。コンデジを「サブ機のそのまたサブ機」ぐらいに捉えている輩の戯れ言だと思ってもらって構わない。「カメラ女子」サマあたりが思うであろうところの“健全な一般論”とはかけ離れた感覚であるコトは自分でも分かっている。だって、カメラ女子じゃないタダのオッサンだしぃ。

 そんなおっさんのハートを、ソニー「Cyber-shot DSC-RX100」(以下、RX100)は見事に射抜いた。最初、実物を目の当たりにしたときは「なんだかボディーとレンズ(径)のバランスがイマイチだな」と思わされ、手に取ったときには「ボディー前面に指を引っかけられる部分が全然ないので片手持ちがチョー不安(安定しない)」と感じさせられ、そのことに関連し「片手持ちじゃズームレバーが操作しにくいぜ~(操作しようとする指がたいそう窮屈に感じられる)」なんてコトをブツブツいっていたのだけど、すべては「慣れ」と「写り」が解決&解消。スペックを気に留めず使い始めたせいか、予想外に良好な画質には、正直かなり無防備に驚いてしまった。

ファンクションボタンから入るISO設定ではマルチショットNRが設定できないとか、コントロールリングに任意の機能を割り当てた状態で「おまかせオート」「プレミアムおまかせオート」モードに入ると、せっかくのコントロールリングがグルグル回るただのワッカになってしまう(何の機能もしなくなる。任意設定なしではズーム操作が可)など、「ナンで!?」いいたくなる部分がなくはないRX100。でも、きわめて良好な携帯性ときわめて良好な画質の両立を体感すると、すべてが許せる気になってしまう。きっとファームアップで直してくれるだろうし…?
[画像のクリックで拡大表示]