ひと昔前まで、仲良くなりはじめには電話番号と携帯のメールアドレスを交換し、親睦を深めたものでした。ところがいま、10代、20代の方々と連絡先を交換するときは、Facebookや電話番号だけを交換したり、教えあったりするケースが大半です。そして、電話番号を交換した相手には電話を直接かけるのではなく「LINE」を通じてコミュニケーションをとるのが当たり前になっています。

 「LINE」は日経トレンディネットの読者にはあまりなじみがないサービスかもしれませんが、その名はどこかで耳にしたことがあるでしょう。簡単に言うと、リアルタイムで文字や音声でコミュニケーションをとるためのインスタントメッセージサービス。AndroidスマートフォンやiPhoneを使い、主に特定の相手と連絡を取り合うためのツールです。そして、今後はさらにコミュニケーションを深めるためのサービス拡充を予定しているといいます。

 今回はそんな「LINE」の展望と、ビジネスで便利に使うためのコツをご紹介いたします。

NHNジャパンが提供する「LINE」
[画像のクリックで拡大表示]