東京ディズニーシーに、2012年7月9日、新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」が登場。昨年の「ジャスミンのフライングカーペット」に続き、TVチャンピオン4代目遊園地王の佐々木隆氏が体験レポートする。

ウッディの大きな顔が目印の新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」。新エリア「トイビル・トロリーパーク」内にある (c)Disney/Pixer
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ディズニーシー35施設目のアトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」をいち早く体験してきた。最初に正直な感想を言うと「面白い! 何度も乗りたくなる!」と思える魅力的なアトラクションだった。

 このアトラクションは、映画『トイ・ストーリー』シリーズがテーマ。高さ8メートルあるウッディの顔から中へ入ると、そこは、ウッディたちおもちゃの持ち主・アンディの部屋で、まさに映画に出てくる“おもちゃの世界”を体感できる。

 3Dメガネを手にして次に向かうのは、アンディのベッドルーム。扉の向こうには大きなベッド、そしてベッドの下をライドが走り、それに乗り込めば“おもちゃの世界のシューティングゲーム”に挑戦できるというわけだ。

 3Dメガネを通して見る映像はどれもリアルで臨場感抜群。そして、的に命中すると次々と得点が加算され、各シーンごとにスコア経過が手元に表示されるので、高得点を狙ってテンションもどんどんアップしていく。最後のスコア結果で隣に乗った人と競い合うのも楽しい。

「トイ・ストーリー・マニア!」をいち早く体験
[画像のクリックで拡大表示]
アンディの部屋に入り、ベッドの下を走るアトラクションに乗り込む。左がベッド、右には洋服タンスなどがある (c)Disney/Pixer
[画像のクリックで拡大表示]
ミスター・ポテトヘッドがかけているような3Dメガネをして“おもちゃの世界”へ
[画像のクリックで拡大表示]
ライドに設置された「シューター」の使い方は簡単。ハンドルで上下左右に動き、ヒモを引けば弾が発射する
[画像のクリックで拡大表示]