「東京ソラマチ」は東京スカイツリーを中心とした大型複合商業施設「東京スカイツリータウン」の中核商業施設
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年5月22日にオープンする大型複合施設「東京スカイツリータウン」。プラネタリウム水族館も備える同施設の中核となる商業施設が「東京ソラマチ」だ。

 東京ソラマチはとうきょうスカイツリー駅と押上(スカイツリー前)駅をつなぐ東西長さ約400メートルに及ぶ東京スカイツリータウンと同様に東西に広がっており、とうきょうスカイツリー駅側の「ウエストヤード」地下3階と1~5階、スカイツリーの根元に位置する「タワーヤード」2~3階、押上(スカイツリー前)駅側の「イーストヤード」1~8階、30~31階という複雑なフロア構成になっている。

 商業面積は約5万2000平米で、312店舗(物販127店舗、食物販90店舗、飲食・フードコート77店舗、サービス18店)が出店。「新・下町流」をコンセプトに、スカイツリーに訪れる観光客だけでなく、沿線や近隣住民のニーズにも対応する商業施設を目指すという。


東京スカイツリータウン全体図。東京ソラマチはとうきょうスカイツリー駅側の「ウエストヤード」(イラスト左側)地下3階と1~5階、スカイツリーの根元に位置する「タワーヤード」2~3階、押上(スカイツリー前)駅側の「イーストヤード」(イラスト右側)1~8階と30~31階という構成
[画像のクリックで拡大表示]