就職や入学により生活環境が大きく変わったり、新しい目標に向かって進み始める4月。パソコンやスマートフォンを新たに購入した人も多いだろう。今回はこれからクラウドサービスを活用する新社会人必須のサービスを紹介したい。

 ビジネスパーソンに必須のクラウドサービスは、「Gmail」「Dropbox」「Evernote」「Googleカレンダー」「Googleリーダー」の5つだ。すでに利用している人も多いと思うが、各サービスを巧みに操るには“コツ”がいる。設定を少しだけ変えたり、アプリと連携したりすれば、各サービスが何倍も便利になる。

自分宛のメールはGmailで管理

 Gmailを使うコツから見ていこう。Gmailを使って目指すのは、ビジネスとプライベートの全てのメールをGmail上で一括管理することだ。Gmailにメールを集約すれば、仕事の大切なメールを見落としたりすることがなくなる。検索しやすいのもGmailを使う理由だ。

 複数のメールを集約するには、転送サービスを利用する。プライベートで使っているプロバイダーのメールなら、会員向けサイトを利用して受信したメールを即、Gmailへと転送するように設定する。会社のメールは、システム担当者などに頼み、Gmailへと転送してもらおう。ただし、会社によってはメールの転送を禁じている場合もあるので気をつけよう。

Webメールの大定番「Gmail」。取得したGmailアドレスを使うのではなく、会社やプロバイダーのメールアドレスから操ろう
[画像のクリックで拡大表示]
Gmailで会社やプロバイダーのメールを管理するときは、転送メールサービスを利用する。転送機能を有効にして、転送先にGmailのメールアドレスを指定する
[画像のクリックで拡大表示]