「TOWEL for PILLOW」置き型は1800円、リボンタイプは2000円。サイズは65×65cmでリバーシブル仕様(画像クリックで拡大)

 寝具などの製造卸売業・西川産業(東京都中央区)が2012年2月上旬に発売した、枕に敷く専用タオル「TOWEL for PILLOW」(タオル フォー ピロー)の売り上げが好調だ。「予想の2.5倍から3倍ほど売れている百貨店もある」(同社)とのこと。

 同社で消費者へ枕カバーの使用状況を調査したところ、枕にタオルを敷いて寝ている人が48%もいたことが判明。その理由は「汚れた時の取り替えが楽」、「洗濯が楽」、「タオルの肌ざわりが好き」などだったが、「消臭効果が欲しい」、「リバーシブルで楽しめるものが欲しい」、「肌や髪にやさしいものが欲しい」などの声もあった。

 そこで同社ではそうしたニーズに応えて「枕に敷くためのタオル」を開発。消費者のニーズに応じて消臭糸を使用した「紀州備長炭」タイプ、汗をよく吸う「麻混糸タイプ」、肌にやさしい「絹混糸タイプ」、化粧品の美容成分として人気のスクワランをプラスした「スクワランタイプ」など、機能を特化した「置き型」4種類と、リボンで結ぶタイプ「リボンタイプ」をデザイン違いで3種類、合計7種類をラインアップした。また洗濯の時に乾きやすく、畳んだ時にかさ張らないよう薄手に仕上げているが、これには枕に敷いても高さもほとんど変わらず、枕の中身の素材感も損ねないといった利点もあるという。タオル地の名産地として知られる今治で作っている点も人気のポイントだ。

(文/桑原恵美子)