透明度の高いガラスで覆われたユニクロ銀座店。地上1階~12階の全てがユニクロで、売り場面積は同社最大
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年3月16日、東京・銀座にユニクロ世界最大の旗艦店「ユニクロ銀座店」がオープンした。中央通り沿いに新設されたギンザコマツ東館の1~12階に入居し、売り場面積は約4950平米。各フロアはカテゴリーごとに構成され、メンズ、ウィメンズからキッズ&ベビー、UT(Tシャツ)まで、ユニクロの全ラインアップをそろえる。年間の売り上げは1店舗当たりで過去最高の100億円をめざす。

 同社は2006年の米国ニューヨークソーホー店を皮切りに、5年間で世界7都市に8つの「グローバル旗艦店」を出店。2011年10月にはニューヨークの超一等地・5番街に約4620平米の旗艦店をオープンし、世界での知名度を高めた。国内では10年10月に大阪・心斎橋に旗艦店をオープンしたが、今回は日本一のファッションストリートに満を持してのオープンとなる。

 オープンにあたって、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「今後10年間で13億人の中産階級がアジア中心に誕生する。欧米中心の消費社会からアジア中心の消費社会に変わり、今の40~50倍のグローバル経済が新たに出現する。日本は今閉塞状態にあるが、日本がアジアの中の一員であり、世界の中の一員であると考えたとき、可能性の大きさにワクワクする。日本はもちろん世界で圧倒的なナンバーワンになるために、世界最大で最新のユニクロ銀座店を作った」と抱負を語った。

 スタッフ520名のうち100名は外国人。日本語はもちろん英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語の6カ国語に対応する計15名のネイティブスピーカーが待機し、外国人観光客へのサービスを強化する。1階のカウンターでは6名のカスタマーコンシェルジュが常駐、店内案内やエリア情報の提供など顧客の要望に応えていく。

 同店ではユニクロと人気ファッションブランド「アンダーカバー」のコラボレーションライン「UU(ユーユー)」がワンフロアで展開されるほか、原宿で展開していたTシャツ専門店「UTストア」も銀座店に移転。プロテニスプレーヤー・錦織 圭選手着用モデル(4月2日発売)は銀座店のみの販売だ。

 ユニクロから道を隔てて向かいのギンザコマツ西館には、人気ブランド「コム デ ギャルソン」のデザイナー・川久保 玲氏がディレクションするコンセプトストア「ドーバー ストリート マーケット ギンザ・コム デ ギャルソン」も出店。日本発・世界的ブランドの同時オープンで大きな話題を集めそうだ。

1~2階の吹き抜け空間には21体のマネキンが回転するウィンドウディスプレイが配置されている
[画像のクリックで拡大表示]