木南晴夏(きなみ・はるか) 1985年8月9日生まれ。大阪府出身。3月17日からパルコ劇場で公演される舞台『テキサス』に出演する。ストレス発散法は「映画館に、一人で行くこと。1日に2本見ることもあります。映画館ってサイコー、ってテンションが上がります(笑)」

記事へ戻る(ページを閉じる)

筒井康隆の小説をドラマ化した、『家族八景 Nanase, Telepathy Girls' Ballad』で主人公の家政婦・火田七瀬役を演じる木南晴夏(きなみはるか)は、デビュー11年目にして連ドラ初主演。七瀬は心を読む力の持ち主で、家政婦として様々な家庭に派遣される。その先々で出会う家族たちの心の声を聞き、そこに潜む問題を炙り出していく。