サービスエリア(以下、SA)が商業施設化して人気となるなか、ネクスコ中日本(中日本高速道路)は2011年12月15日、人気SAの先駆けである海老名SA「EXPASA(エクスパーサ)海老名」(上り)を改装オープン。店舗数は日本最大の28店舗となった。

 神奈川県海老名市にある海老名SA(上り)は、東名高速道路上り線の最後のSAとして旅行帰りの利用が多いSA。そこで同社では「1.5日分のマイパートナー」をコンセプトに、帰宅後や翌日のニーズに応える店舗をそろえた。「SAでは土産を買い、高速道路を降りた後、自宅近くのスーパーなどに食料品を買いに寄る人は多い。そんなニーズをワンストップで満たすのが狙い」(ネクスコ中日本)だ。

 フロアは1階がショッピング、2階がレストランと、第1期改装(2011年7、8月)時点での構成がベース。1階には高級スーパー「成城石井」、2階にはセレクトショップ「ユナイテッドアローズ」の高速道路向け新業態や、東京・赤坂の中国料理店「Wakiya」オーナーシェフの脇屋友詞氏が手がけるレストランが出店するなど、都会的なショップやレストランを誘致した。

「近隣には足柄SAのような観光地的要素をもつ施設やコンビニがあるPA(パーキングエリア)がすでにあるため、あえて都会的なテナントをそろえて差別化を図った」(同)という。

東名高速道路「EXPASA(エクスパーサ)海老名」(上り)は2011年7、8月に第1期区画がオープンしており、今回でグランドオープンとなる
[画像のクリックで拡大表示]
中央エスカレーター部分は吹き抜けにするなどして開放感を高めている
[画像のクリックで拡大表示]