日経トレンディ

 この記事は2011年9月3日発売「日経トレンディ10月号特集「一芸防災グッズの実力」から転載したものです。情報は基本的に発売時点のものです。

 首都直下型地震が発生した場合、東京都の想定では約16万人が負傷するという。内訳を見ると、建築倒壊、家具類の転倒・落下に続いて、負傷の要因となるのが火災。法律では、一般の住宅での消火器設置義務は定められていないが、東京消防庁の調査によると、東京都の一般家庭での消火器設置率は50%前後。火災に備える人は確実に増えている。

 しかし、ひとくちに火災と言っても種類があり、それぞれの火災に対応した消火器を使用する必要がある。消火器で対応できる火災は、消防法によって3種類に分類される。1つ目は木材や紙などが燃える「普通火災」。2つ目は油やガソリンによる「油火災」。3つ目はコンセントなどの電気設備から発生する「電気火災」だ。電気火災では間違った消火器を使用すると感電の恐れがある。家庭内で起こり得る火災に備えるためには、3つの火災すべてに対応する消火器を選ぶべきだ。

家庭用消火器には、対応する火災の種類をイラストなどで表示されている。エアゾールタイプ(右写真)は電気火災に対応しないものがある
[画像のクリックで拡大表示]