TGS2011には、毎年、小学生以下と保護者を対象にした「ファミリーコーナー」が併設される。コチラの開催期間は一般公開日の17日と18日の2日間。入場料は、小学生以下は無料であり、中学生以上の一般のヒトは当日券1200円(前売券は1000円)だ。8Hall2Fに専用入場口があるので、一般入場口と間違えないようにしたい。

家族連れが目立つファミリーコーナー入り口
[画像のクリックで拡大表示]

 「ファミリーコーナー」の出展社は、アルケミスト、カプコン、KONAMI、スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコゲームス、日本マイクロソフトで、親子で楽しめるゲームの試遊ができるだけでなく、キャラクターショウやゲーム大会など、盛りだくさんのイベントが用意されていた。

バンダイナムコゲームスの「スイートプリキュア♪ メロディコレクション」に夢中の子供たち
[画像のクリックで拡大表示]
カプコンの「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村G」の操作方法を優しいおねえさんに教えてもらう
[画像のクリックで拡大表示]
セガのソニックシリーズと「ぷよぷよ!!」はパパやママにも人気が高い
[画像のクリックで拡大表示]
KONAMIの2011年冬発売予定の「ペンギンの問題 ザ・ウォーズ」と「とんがりボウシとおしゃれ魔法使い」に子供たちが並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 コーナー内に設置された「ファミリーステージ」も要チェックだ。9月17日(土)には、ワクワクさんとゴロリくんによる「つくってあそぼショウ」とバンダイナムコゲームス「太鼓の達人Wii決定戦」が開催されていた。ステージ上から、「やってみたいひとぉ」とおねえさんが呼びかければ、子供たちは「はい、は~い」と元気な返事。

ファミリーステージではバンダイナムコゲームスが「太鼓の達人 Wii 決定戦」。主役は子供たち
[画像のクリックで拡大表示]
アルケミストの「nicola監修 モデル☆おしゃれオーディション2」は女の子に大人気
[画像のクリックで拡大表示]