studio IVY メモリアルヌード 3万2000円 全120カットの撮影データはDVDに入れてそのまま持ち帰れる。大切な人へギフトとして送るインビテーション(招待券)もある(画像クリックで拡大)

 東京・渋谷の女性専門フォトスタジオstudio IVYに、一般女性のメモリアルヌードの撮影依頼が殺到している。同スタジオの撮影コーディネーター・今村文さんによると、6月にメディアで紹介されたことをきっかけに問い合わせが急増。7月には全撮影枠が予約でいっぱいになり、2週間待ちの状態が続いたという。撮影の動機は、「一番やせている今を残したい」、「手術の前に撮影しておきたい」に加え、「カメラマンをはじめ、スタッフが全員女性だから」という声が多いとか。

 同スタジオはマタニティのヌードや子どもの写真を専門に撮影するスタジオ「HAPPY BIRTH PHOTO(ハッピーバースフォト)」の姉妹店で、「マタニティではないがヌードの撮影をしたい」という多くの要望に応えて4月に開設されたもの。人気のポイントは、女性の目線で、部屋にインテリアとして飾れるようなナチュラルで美しいヌードを残せることにある。サイトで紹介されている写真も水着やハーフヌードなど、基本的にはバストトップなどは隠したアートなカットとなっており、女性が見てもきれいなものばかり。ちなみに背中などは何も着けずに見せたほうがきれいなのだという。

 主な客層は30代から40代前半、なかには50代の女性もいるとか。撮影プランが3万2000円ということもあり、20代は比較的少ないそうだ。気になるのは撮影後の感想だが、「初めは緊張していたが楽しかった」、「こんなポーズを自分でもできるとは思わなかった」「この角度の顔・表情が一番好き」など自分でも知らなかったチャームポイントを発見したという喜びの声が多いという。

 「ほとんどの方がお1人で来店されます。撮影中はお客様と一緒にモニターで確認しながら、より美しいポーズや表情をご提案させて頂きます。撮影後には友人に紹介したい、また撮影したいと言ってくださる方が多いですね」と今村さん。スタジオには撮影コーディネーターとカメラマンの2人のみが付き添い、事前に細かく希望を聞いてくれるため、女性たちは皆リラックスして撮影に臨んでいるという。

 また、オプションでスタジオ近くのサロンでメイクやヘアメイクをしてもらうことも可能だ。夏場はヒップのラインにラメを入れるなど、ワンポイントのボディアートを施す人もいるとか。

 「自分の知らないきれいな一面を引き出してもらい、その一瞬を焼き付けておきたい」という願望はきっとどの女性にもあるはず。その想いを同性のスタッフが真摯に受け止めてくれるからこそ、女性ならではの美しいカットが残せるのだろう。

(文/池田明子=フリーエージェント)