アップルの国内パソコン市場でのシェアが10%の壁を突破した。1999年12月以来、実に12年ぶりとなる。

 全国の有力家電量販店の販売実績を集計しているGfK Japanのデータによると、「MacBook Air」とMac用の最新OS「Lion(Mac OS X 10.7)」が発売になった直後の7月25日~7月31日の集計で、アップルの販売台数シェアはノートパソコンが10.0%、デスクトップが13.4%となり、あわせて10.9%のシェアを獲得した。

 デスクトップでは既に10%以上のシェアを持っていたが、今回はノートパソコンでも2桁のシェアを獲得。市場構成比の大きなノートパソコンでの躍進が市場全体でのシェアを押し上げた。

 かつてアップルは、1999年1月に5色展開のiMacを発売。その大ヒットの勢いを持って投入したiMac新製品と、初代となるiBookを1999年10月に投入。GfK Japanの調査では、1999年12月20日~26日の集計で2桁シェアを獲得して以来、およそ12年ぶりの10%突破となった。

 ちょうど5年前の2006年7月24日~30日の集計ではノートパソコンで3.5%、デスクトップパソコンで3.3%、合計で3.4%であったことと比較しても約3倍にシェアが拡大。これに別集計とされているタブレット端末の「iPad」を加えると、さらにアップルの存在感は大きくなる。

 Macの躍進ぶりは先頃同社が発表した第2四半期(4~6月)の決算でも明らかだ。この決算内容はMacBook Airの発売前だが、全世界での販売台数は前年同期比14%増の394万台。日本では16%増の15万台となっており、Windows陣営に比べて高い成長率となっている。勢いがあるなかでの新型MacBook Airの投入で、さらに弾みをつけたというわけだ。

 では、国内市場において、アップルが12年ぶりとなる10%シェアを獲得した理由はどこにあるのだろうか。

アップルのMac売り場面積を広げる店舗も増えている(画像クリックで拡大)