客船でのクルーズ旅行が世界的なブームだ。

 特に2000年以降のクルーズ人口は順調な右肩上がりで、アメリカを中心に世界各国で10万トン(定員2000人前後)の大型クルーズ船が年間10隻以上建造され続けている。

 2010年のデータによると、世界のクルーズ人口は約1400万人。そのマーケットの60%以上を占めるのがアメリカ人で、年間の乗船者数は約1000万人だ。1990年の同国のクルーズ人口は350万人だった。つまり20年で3倍近く伸びていることになる。単純に計算すると、アメリカ国民の約20%がこれまでにクルーズを体験。さらに潜在的予備軍を含めると、今後3年で年間5000万人がクルーズを楽しむだろうと推測されている「Cruise Lines International Association」データ参照)。

 ちなみにクルーズ人口の多い国、第2位は英国で年間約150万人。1990年にはわずか18万人だったというから、猛烈に伸びいるのがわかる。また3位以下のドイツ、カナダ、イタリアなども、同様の伸び率を示している。

 一方の日本はどうか?

 飛鳥(郵船クルーズ)が出来た1991年当時こそクルーズ人口は18万人を超えたが、1995年の22万5千人をピークに減少。現在も18万人前後を微増減しているにすぎない。先進諸外国に比べ、これほど絶対数が少ないデータも珍しい。なぜこれほどまでに開きがあるのか? そして、世界における現在のクルーズブームとはなにか? 検証してみたい。

(画像クリックで拡大)