日経トレンディ

 池袋の複合施設「サンシャインシティ」の屋上にある「サンシャイン水族館」が2011年8月4日、リニューアルオープンする。サンシャイン水族館ではリニューアルにあたり、年間110万人の来場を狙う。リニューアル前に通年営業した最後の年の来場者数は70万人。約40万人の増加を目指すことになる。「すべての年齢層をターゲットと考えているが、今回のリニューアルでは新たに大人の女性の利用増加を狙った」(サンシャシン水族館)。

 新しい水族館のコンセプトは、“天空のオアシス”。癒やし空間の提供を狙い、ちょっとした旅行気分を味わってもらえればと、館内には南国リゾート風のデザインを採用。屋外エリアに併設されたカフェではビールやワインが販売されており、動物を見ながら酒を楽しむこともできる。

 リニューアルに伴い、同館では初めて水族館単体の年間パスポートを導入した。料金は大人4000円。通常の入館料は大人1800円なので、3回訪れれば元が取れる設定だ。「年間パスポートを購入してもらえば、仕事帰りにちょっとお酒を飲みにくるという利用もしやすくなるのでは」(サンシャシン水族館)。

水と緑に囲まれたエントランス(画像クリックで拡大)

改装前より間近で見られるようになったペンギン(画像クリックで拡大)

屋外エリアのカフェでフードやドリンクを販売。屋上エリアならどこでも飲食が可能(画像クリックで拡大)

ビールは各500円。生ビールは通年、瓶ビールは夏季限定販売。手前はロコモコ700円(画像クリックで拡大)