続いて、お気に入りの牛丼チェーンを挙げてもらったところ、ここでも「吉野家」(38.8%)がトップで、以下「すき家」(25.7%)、「松屋」(17.7%)、「なか卯」(10.7%)の順となった【図2】。

 この結果を、年代別、性別、家族形態別などの切り口から見てみると、それぞれファンの傾向が見えて興味深い。

 まず、年代別にみると、40歳以上の3世代では、「吉野家」が2位の「すき家」に10ポイント以上の差をつけて首位に立つのに対し、30代ではその差が2ポイントとなり、29歳以下では、「吉野家」(23.1%)をやや上回って「すき家」(24.5%)が1位となっている。

 年配世代では「吉野家」が強く支持されているが、若い世代になるほど2位の「すき家」との差が縮まり、29歳以下では首位が逆転しているという格好だ。

 性別にみると、男性は「吉野家」(42.0%)のお気に入り度が際立って高い。女性は、1位「吉野家」(26.6%)と2位「すき家」(21.4%)の差が5.2ポイントと小さく、「なか卯」(10.3%)が「松屋」(9.7%)をおさえて3位に浮上している。「うどんのバリエーションが多く、ミニ丼、ミニうどんがあり、組み合わせやすい」(40代女性)、「店内が広くゆっくり食事ができる。デザートがおいしい」(30代女性)など、ミニサイズやデザートといった女性好みのメニューや入りやすい雰囲気が、女性のポイントを押し上げているようだ。

【図2】お気に入りの牛丼チェーン
 (複数回答:年代別、性別)

(画像クリックで拡大)