30代、40代のビジネスパーソンを中心に、糖尿病や高血圧、メタボ、皮膚トラブルなどについて専門家に解説をしてもらう連載の最初のテーマは、ビジネスパーソンがかかりやすい病気の一つ、糖尿病。2007年の厚生労働省による調査で、糖尿病の疑いのある人が約890万人にも上り、可能性が否定できない人は約1320万人、両者を合わせると約2210万人もの日本人が、そのリスクを背負っていることになる。それでも、「自分のことではないだろう」と思っている人も少なくないだろう。そこで、「糖尿病」とそのリスクについて、国立国際医療研究センター病院 糖尿病・代謝症候群診療部長 野田光彦先生に5回にわたり解説してもらう。その第2回目。糖尿病になると失明することがある、腎不全になって血液透析をしなくてはならなくなる可能性がある…など、メディアや家族、友人の話から、糖尿病の症状について、どんなイメージを持っているだろうか。今回はそんな「糖尿病の症状と検査」について。