2011年3月11日の東日本大震災で発生した、福島の原子力発電所事故。

 事故後、4カ月経った現在も、いまだに終息の見通しが立っておらず、放射性物質が長期間にわたり大気や海、土壌に放出され続けている。未曽有の事故、未経験の現実に、改めて「食の安全性」が問われる時代になったと感じる人も少なくないと聞く。

 そんな今だからこそ、高まっているのが「安全な野菜を自分で作りたい」という家庭菜園への関心だ。

 しかし多くのビジネスパーソンが暮らすマンションなどの集合住宅生活では、プランターにせよなんにせよ、なかなか一歩を踏み出す気持ちになれない。今年は節電の視点からグリーンカーテンを作るためにでゴーヤなどの植物を育てている人が増えているとは聞く。ただ、まだ始めていない人にとっては「もっと気軽に挑戦できるインドア&ベランダ菜園」がないものか、安全や安心を求めながらも、楽して得したい気持ちは誰にでもあるだろう。

 では「気軽にできる家庭菜園」とはなにか。ここでは原発事故、そしてエコ活動や自然回帰への意識が高まりつつある現代日本の背景とも併せて、“土を耕し、実を育てる”家庭菜園の最新事情を、「オーガニック家庭菜園」のワークショップを開くジョン・ムーア氏の話から、ひも解いていく。

ワークショップは常に超満員

ジョン・ムーア氏
社会企業家。コミュニケーションデイレクター。英国公認、リバプールダンスアカデミー教師。オーガニックフード・ガーデニング教師。元パタゴニア日本支社長。英国シェフィールド大学教育学部卒業後、教師を経て、電通に入社。コピーライターとして活躍する。その後、パタゴニア日本支社長に就任し、現在はジョン・ムーア アソシエイツ代表

 ジョン・ムーア氏はジョン・ムーア アソシエイツ(=東京都渋谷区)代表で、社会起業家だ。オーガニック栽培を通じて人間の生き方を問い直すワークショップを開催するなどしている。彼が開催するワークショップには、下は小学生から上は70代の女性までと幅広い年代の人々が集う。もちろん、最近では男性受講者も増加中。男性の受講者で多いのは、IT業界で働くビジネスパーソンだそうだ。「野菜作りにも一種のクリエーティビティを刺激されるのではないか」とジョン氏は語る。

 「A4サイズのスペースがあれば、自分で食べる野菜を自分で作ることができる」という実践的な栽培方法、食への意識の向上、さらに自然と向きあうことで自分自身を見つめ直す――そんなコンセプトを掲げるのが、ジョン氏のワークショップだ。

 これまでに「100%オーガニックフードを自分で育てる」というジョン氏の講座を受講した人数は300人を優に超える。この講座は現在terranovaというブランドを通して開催している。

 ちなみにジョン氏、アイルランド出身で、英国の大学を卒業後に教職を経て、日本の電通に入社。1990年代後半にパタゴニア日本支社長に就任し、同社の経営改革に大きく貢献した。いわば、生粋のビジネスパーソンだ。

 しかし彼のルーツは、自然豊かなアイルランドの大地での経験にある。ジョン氏の祖母は庭に植物を植え、栽培・収穫する生活をしていた。「生きるために、自分で食べたいものは自分でどんどん作る。それが彼女の信条であり、私がワークショップで伝えたいメッセージでもある」(ジョン氏)。