ペンタックスが2011年6月23日に発表したミラーレス一眼「PENTAX Q」が写真ファンの間で話題を呼んでいる。レンズ交換式のデジタル一眼カメラながらコンパクトデジカメと同じ小型の撮像素子を搭載しており、各社のミラーレス一眼と比べてもボディーやレンズが圧倒的に小さいのが特徴。レンズを外せば、少し大きめのコンパクトデジカメとほぼ同じサイズだ。

 発表直後から話題のPENTAX Qだが、まだ量販店やショールームには実機が展示されておらず、写真ファンは各種Webサイトの情報で実力を想像するしかない。そのような状況のなか、ファンの評価や注目はあるポイントに集中していた。その詳細を、価格.comの各種データをまとめた市場調査支援サービス「トレンドサーチ」から探った。

ペンタックス
PENTAX Q

実売価格:6万9800円(レンズキット)、8万9800円(ダブルレンズキット)
新開発のQマウントを採用したミラーレス一眼。小型軽量を売りにした各社の最新モデルと比べても、ひとまわりは小さく軽い(画像クリックで拡大)

ボディーのサイズやデザインは高評価、カラバリには物足りなさも

 PENTAX Qがボディーやレンズを大幅に小型化できたのは、一般的なコンパクトデジカメが多く採用する1/2.3型の小型撮像素子を搭載したためだ。レンズマウントの口径やフランジバック(レンズの後端から撮像素子までの距離)の縮小につながり、コンパクトな設計で済むわけだ。

PENTAX Qのレンズを外したところ。奥に1/2.3型の撮像素子が見えるが、APS-Cやマイクロフォーサーズと比べて驚くほど小さいことが分かる(画像クリックで拡大)

 ボディーは、コンパクトさだけでなくデザイン面でも注目されている。「近ごろのデジカメはやたら曲線を多用している製品が多いが、PENTAX Qは小さくても骨太なデザインがよい。マグネシウム合金製で剛性感や質感が高そうなのも期待できる」と、評価する口コミが見られた。

 同社のデジタル一眼レフカメラ「K-x」「K-r」は、標準で100色を超えるカラーバリエーションや、主要なパーツを好みの配色にして注文できるBTOモデル「オーダーカラー」など、これまでにない斬新な取り組みが話題を呼んだ。PENTAX Qは、標準のボディーカラーがブラックとホワイトの2色しかなく、オーダーカラーも用意されない。

 一部の写真ファンは「せっかくユニークなコンセプトのカメラなのだから、ボディーカラーも遊び心がほしい」と、画像加工ソフトを使ってPENTAX Qを好きなように彩色した画像を口コミ掲示板上で公開した。なかでも人気があったのが、かつてのフィルム一眼レフで定番だったシルバーとブラックの渋めのツートンカラー。「カメラにはこの組み合わせが似合う」「もし出たらすぐに欲しい!」という声が多く、単色で2種類だけのカラーバリエーションには物足りなさを感じているファンが多いことがうかがえた。