テレビにも扇風機にも使える本格派は価格もキングサイズ
「ソーラー蓄発くん Li-2N」

 携帯電話や携帯音楽プレーヤーに使うのではなくて、もっと大容量の製品が欲しいという人は、レッツコーポレーションがこの6月に発売する「ソーラー蓄発くん(ちくはっくん)」に注目だ。

 アルミのキャリングケースに入った、いかにも質実剛健な作り。バックルを外して開くと、13Wのソーラーパネルが4枚はめ込まれおり、まさに太陽を食らうかのごときルックスである。

 本品の最大の特徴は、大容量900whのリチウムイオン充電池もさることながら、家庭用電源100Vを出力できるコンセントがついていることだろう。つまり家庭にある電気器具の使用可能で、例えばフル充電の状態なら、扇風機で約8時間、液晶テレビならば約5時間駆動可能。また、家庭用電源からの充電も可能なので、深夜に蓄電して昼間利用することもできる。これなら今夏の節電も恐くない。

 ただ想定価格が30万円前後と値段もキングサイズ。この点を開発販売するレッツコーポレーション情報機器事業部の原田さんに聞いてみると、「個人で所有するには割り高かもしれませんが、他社の同系機種に比べ相場としては安くなっています。また独自の特徴として、単結晶シリコンのソーラーパネルを装備しているので、効率よく蓄電いただけます」とのこと。

 今回の震災で電気のありがたさを改めて理解しただけに、高いか安いかはあなた次第だ。

「ソーラー蓄発くん Li-2N」
ソーラーパネル:単結晶シリコン 13W×4(52W)
充電:AC100V
出力:100V 50Hz/60Hz
最大出力:600W
定格出力:300W
ケース素材:アルミニウム
重量:約12kg
外形寸法:約470mm×360mm×160mm(突起物を除く)
※仕様変更の場合もあるため詳細は要問合せ(画像クリックで拡大)

(文・写真/石塚 隆)