「こりゃ楽ちんチェア」ブラック革モデル4万9800円、ファブリック(ブルー)3万9800円(画像クリックで拡大)

 疲れた時、オフィスで少しでも仮眠できるとすっきりするが、無理な姿勢でかえって「寝疲れ」することも多い。コンピューターや周辺機器を販売するサンコー(東京都千代田区)が昨年12月に発売した「こりゃ楽ちんチェア」は、そんな不満に着目した製品だ。

 一見すると、重厚感のあるデザインのオフィスチェア。だが背もたれ部分を水平近くまで倒すことができ、座面の下からは足をのせるフットレストが出てくる。背もたれからフットレストまで長さは170cmなので、男性でも背中や足を伸ばして楽な姿勢で横になることができる。椅子の状態から約30秒もあればフラット化できるので、すきま時間の仮眠に便利。しっかりした固めのクッションを使用しているため椅子としての座り心地はもちろん、寝心地もかなりいい。横幅は49cmと聞くと狭く感じるかもしれないが、寝てみると意外にそれほど狭くなく、普通に寝返りをうつ余裕もあるほどだ。サンコーによると仮眠用に買い求める人がほとんどで、会社での購入と個人での購入は半々の割合だそうだ。

 発売と同時に大好評だったが、2月中旬にテレビで紹介されてからはさらに人気が高まり、一時的に品切れ状態が続いたほど。3月末に再入荷し、待たずに入手できるようになった。同社通販サイトで購入可能。

(文/桑原恵美子)