Q1 :被災地にボランティアに行きたいのですが、予防接種は必要ですか?

 以下の感染症に対する免疫を有するか、ワクチン接種を受けてから行かれることをお勧めします。

■破傷風
・土壌中に菌がおり、外傷により感染します。
・予防接種の有効期間は10年間。
・乳幼児期に3種混合ワクチン接種を受けており、小学校6年生で2種混合ワクチンを受けている場合、10年間(~22歳頃)はワクチン接種不要。ただし接種しても害がほとんど無いため、接種して免疫を高めることは良いことです。
・小児期のワクチンを済ませている方で、最後の接種から10年以上経っている方は、1回追加接種が望ましい。
・小児期にワクチン接種を受けていない場合、1カ月間隔で2回接種をおこなえば、成人でも87%の方が感染防御に有効な抗毒素量(0.01IU/mL)が得られます。
■麻疹(はしか)
・感染力と病原性が強く、死亡する可能性があります。
・十分な免疫を得るにはワクチンを2回接種する必要があります。
・罹患歴があれば、ワクチン接種歴は1回でも良いでしょう。
・生ワクチンですが、接種後に他者に麻疹ウイルスを感染させることはありません。
■水痘(水ぼうそう)
・空気感染し、感染力が強い。
・十分な免疫を得るにはワクチンを2回接種する必要があります。
・罹患歴があれば、ワクチン接種歴は1回でも良いでしょう。
・任意接種ワクチンなので、接種率は低いです。
■風疹(三日はしか)
・妊婦が感染すると、赤ちゃんが先天性風疹症候群(白内障、心奇形、難聴など)になるおそれがあります。
・十分な免疫を得るにはワクチンを2回接種する必要があります。
・罹患歴があれば、ワクチン接種歴は1回でも良いでしょう。