Facebookユーザーや、これからFacebookを使う初心者は、さまざまな疑問や質問を抱えているはず。その疑問に、Facebookの専門家がズバリ答える連載です。

 TwitterとFacebookを併用するときに気をつけるべきは、Facebookの投稿を放置してしまいがちなことです。Twitterにはまめにリプライしているのに、Facebookについたコメントを放置している人をよく見かけます。
 もちろん、すべてのコメントに返事をする必要はありません、ですが、あなたが投げかけた質問に答えてくれているのに無視しているなど、明らかにチェックしていない場合もあります。これではせっかくコメントした友人知人がガッカリします。両方見るのが無理ならば、投稿はどちらかに絞ったほうがいいかもしれません。

 TwitterとFacebookのチェック漏れをなくすためには、Twitterを見る手間を省く方法を取り入れましょう。
 多くのTwitter専用のクライアントには、あなた宛のリプライやDMがあると、ポップアップや音で教えてくれる機能が付いています。先日の回答にあった「TweetDeck(http://www.tweetdeck.com/)」や「Seemic(http://seesmic.com/)」、「Echofon(http://www.echofon.com/)」など、さまざまなTwitterクライアントが開発されているので、好みのものを探してみましょう。こうしたクライアントでTwitterを見る手間を省けば、Facebookに向かう時間が増えます。

 なお、Echofonには、Firefox用のアドオンが用意されています。ブラウザのステータスバーからTwitterを利用できるので、Facebookのページを見ながらTwitterをチェックすることができます。

Twitterクライアントの「Echofon」。Facebookページを見ながら、Twitterをチェックできる(画像クリックで拡大)

スマートフォン新書「3分フェイスブック」で、いつでも手軽に読めます

 2011年8月2日、当連載記事に加えてFacebookの活用術や仕事術、便利ワザを総まとめにしたスマートフォン向け電子書籍新書「日経トレンディ 電車の中でサクサク読める 3分フェイスブック」を発売しました。

 Facebookを仕事に生かしたいビジネスパーソンや、より良く使いこなしたい初心者ユーザーは、以下のリンク先からダウンロードしてみてください。空き時間にサクサク学べます。

iPhone・iPad・iPod touch向け

Androidスマートフォン向け

 iPhone・iPad・iPod touchでは、無料電子書籍アプリ「日経BPストア」をダウンロードした後、アプリ内の「書籍・ムック」をクリック、「ビジネス」ジャンルから書籍を購入できます。詳しいダウンロード方法はこちらです。

 iPhone以外のAndroidスマートフォンでは、Androidマーケットで電子書籍を購入可能。上のボタンをクリックするとAndroidマーケットに飛ぶので、そこで「購入」ボタンを押すだけで入手できます。パソコンからも、自分のスマートフォンへ電子書籍を簡単にダウンロードできます。

「3分フェイスブック」の内容

 Facebook Japanや無印良品、ユニクロなど、多くの企業や専門家からの取材で得た「Facebookの本質と便利な使い方」「新時代のFacebook仕事術」「友人、知人との賢い付き合い方やプライバシー設定方法」「ビジネスにおけるFacebook活用術」などを計83収録。

 これを読めば、Facebookの全容や利用方法がスッキリわかるうえに、それを使った仕事力やビジネス力も大幅アップします。

 Facebookの初心者ユーザーだけでなく、 「何となく使っているが、うまく活用していない」というビジネスパーソン、就職活動でこれからFacebookを駆使したい学生にも適しています。

(回答者/森嶋 良子)

回答者

森嶋 良子(もりしま りょうこ)

森嶋 良子

フリーライター、エディター。ネットサービスなどIT関連の記事を主に執筆するが、キャラクターグッズの作成からタウン誌のインタビューまで面白そうな仕事は幅広く受ける。著書に「facebookをスマートに使いこなす基本&活用ワザ150(インプレスジャパン)」、「電子書籍制作ガイドブック(インプレスジャパン)」(共に共著)がある。最近はイベントバー「喫茶SMiLE」で、お酒を作ったりイベント企画をしたりとネット外でも活動中。個人のFacebookページはhttp://www.facebook.com/mrsm.jp

回答者

佐々木 和宏(ささき かずひろ)

佐々木 和宏

クリエイティブディレクター。2010年、英国York大学院でVisual Effectsの修士号修了。在学中に『Facebook完全活用術』(アスキー・メディアワークス)を出版。帰国後ソーシャルサービスやデジタルコンテンツのコンサルタント、プランナーとしてコンテンツ制作に携わりながらクロスメディアの可能性を探求中。SNSやスマートフォン、ウェブサービス、そして既存のメディアの複合的活用をソリューションとして企業に提供している。個人のFacebookページはhttp://www.facebook.com/sasakikazuhiro