英国の権威ある文学賞、ブッカー賞候補となった最高傑作

(画像クリックで拡大)

 世界的権威を誇るイギリスの文学賞であるブッカー賞を「日の名残り」で受賞した作家のカズオ・イシグロ。彼が2005年に発表し、再びブッカー賞候補に選ばれた最高傑作との呼び声も高い同名小説を映画化したのが『わたしを離さないで』だ。

 物語は「私の名はキャシー・H」という主人公のモノローグと共に淡々と始まる。「年齢は28歳。介護人になって9年。よい介護人だ」。そう話す彼女の前には、これから手術が行われるのか、1人の患者らしき人が横たわっている。