1本3万4650円。同社のネットショップおよび本店、新小岩店で取扱中(画像クリックで拡大)

 28オンス(※)の超極厚デニム生地を使用した、かつてない重量級ジーンズ「Eight-G SP803-28」通称“2キロジーンズ”が売れている。製造販売するのは千葉県市川市のジーパンセンターサカイ。昨年10月の販売開始以来、30、40代男性のバイカーやジーンズ好きを中心に注目を集め、人気サイズについては予約だけで売れてしまい、入荷してもほとんど店頭に並ぶ間がない状態を繰り返している。

 ジーンズに使用する生地は11~15オンス程度が一般的だが、最近は国内メーカーが20オンス前後を相次いで発表。ヘビーオンスジーンズがちょっとしたトレンドになっていたとはいえ、28オンスは破格。生地はこのために特注。従来のミシンでは歯が立たず、改造した機械を新たに導入した。

 分厚い生地が柔らかくなるまでは、はいたり、脱いだりも一苦労。特に、フロントボタンの開閉は相当の力業となるため、指のけがへの注意が呼びかけられているほど。しかし、そんな手強さもまた、ジーンズ好きには魅力となっている。

 「長く愛用して、はきこなす楽しみを味わってほしい」と、広報担当の藤崎瑞穂氏は話す。

 気温が上がってくると、さすがに売れ行きは鈍くなるだろうが、ジーンズ界のモンスター的な存在としてまだまだ話題を呼びそうだ。

(文/上保文則)

※ オンスとはジーンズの生地の厚みを示す単位で、1平方ヤード(0.84平方m)あたりの重さで表わされる。1オンスは約28.34g。