前回に続き、手書きのメモもEvernoteへ連携させるアイテムの話です。今回ご紹介するのはぺんてるの「airpen Pocket」。一見、Evernoteのロゴが入った“タダのペン”ですが……。実はこのデジタルペンのペン先からは赤外線と超音波が発信されているんですよ。カミナリはピカッと光ってから間をおいてゴロゴロという音がします。つまり、光の速度に比べて音の速度が遅い。それゆえにカミナリが自分の居場所に近づくと光と音を感じるタイミングが近くなります。

 このairpenは、その原理を利用して開発されたそうです。筆記中にペン先から光(赤外線)と音(超音波)を同時に発信。その受動部(メモリーユニット)が光(赤外線)を受け取ってから音(超音波)を受け取るまでの時間からペン先の動きを割り出す、というものです。なるほど!

ぺんてる airpen Pocket(画像クリックで拡大)