「叩き」と「カスラック」というイメージ

 最初に、部分信託でのJASRAC登録を表明しているボカロ曲作家、いわゆる「ボーカロイドP」(プロデューサーの頭文字“P”を取ってこう呼ぶのが通例)のデッドボールPに話を聞いた。彼は自身のCDアルバムを発売しているレコード会社のクエイクと音楽出版契約をし、「演奏」「貸与」「放送」「通信カラオケ」のみを信託し、「インタラクティブ配信」等を外して登録した。ネットでは今まで通り自由に使え、カラオケの著作権使用料は受け取れるという設定だ。

――今は専業クリエーターということですよね?

デッドボールP氏(以下、デP):「そうですね。でも印税だけでは食べていけない。やはり同人CD(コミックマーケットのようないわゆる同人即売会で自作のCDを売る)が大きいです。あとは着うたです。ちょっとしたお小遣い的な金額ですけど」

――同人でどれくらいCDは売れていますか?

デP:「自分はそんなに売れていませんけど、売れている人なら年間で2万~3万枚はいくと思います。例えば1万枚売れると、1枚1000円として売り上げは1000万円じゃないですか。すると純利が800万円くらいになります」

――それだけで食べていける額ですよね。ネットで音楽活動を始めた当初は、JASRACへの信託は考えていましたか?

デP:「全然考慮に入れていなかったですね。メリットも少なかったし」

――というのは著作権使用料も大したことがないし、自分の音楽をネットで利用しにくくなるだけだと?

デP:「それより『叩き』(動画サイトのコメントや掲示板の書き込みなどで批判を浴び、嫌がらせを受けること)ですね。JASRACは『カスラック』と言われていたくらいですから。今では少しづつ認識も変わってきているのかもしれませんが」

――デッドボールP自身のJASRACへの印象は?

デP:「正直、あまり知らなくて。カスラックと呼んでいる人もいるから、まあ良くないんだろうと。JASRACにまつわる都市伝説みたいなものも色々あるじゃないですか。信託することによるマイナスはあるし」

――そのマイナスとは何ですか?

デP:「イメージです。JASRACに信託しているというイメージ。ファンというか、視聴者の誤解が怖い。何もしなくてもニコ動は荒れやすい場所だし。それに加えてJASRACに信託なんかしたら、荒れるのが目に見えてる。そういうイメージですよね」