「チャッティー」210円、色は水色、ピンク、緑、赤、黒、白の6色。全国のスーパー、ホームセンター、雑貨店などで販売中。通販でも買える(画像クリックで拡大)

 昨年10月に新登場するや、ひっぱりだこの人気なのがペットボトル専用茶こし「チャッティー」だ。この商品を販売する工房カワイ(静岡県函南町)の河合芳和社長は「静岡のお茶の小売店さんから『今の若い人は急須を使わなくなった。急須なしでペットボトルから気軽に緑茶が飲めるようにできないか』と相談されたのが開発のきっかけです」と語る。3年かけて販売にこぎつけたが、昨年10月に静岡で開催された「世界お茶祭り」の会場で販売したところ、大フィーバーが起こった。一般客もさることながら、お茶の小売店が販促用グッズに使おうと200個入りのケースを箱買いし、1~2時間であっという間に売り切れてしまったのだ。これを受けて、今年1月7日にNHKの「おはよう日本」で紹介されるや、全国から問い合わせが殺到。現在の累計販売本数は1万本で、予約も含めると約3万本に達する。今やスーパーやホームセンターでも人気の商品だ。

 一番の魅力は、水と茶葉だけで簡単においしいお茶が入れられること。作り方は(1)ペットボトルに水と緑茶の茶葉を入れて2~3回シェイクする。(2)ボトルの口に「チャッティー」を取り付ける。(3)15分~20分間待つ、これだけ。「水出しにすると渋くなるリスクがないので、誰でもおいしいお茶が入れられる」「予想以上にしっかりお茶の味が出た」「500mL用にも2L用にも使えるので、作り置きして冷蔵庫で冷やせるのが便利」「経済的でエコな点がいい」という購入者の声も届いている。飲み終わったら、「チャッティー」を外して中の茶葉を捨てるだけ。緑茶以外の各種のお茶にも使えるし、だし汁、麺つゆ、マイポン酢、マイしょうゆ作りにも使える優れモノだ。いつでも、どこでも気軽に使えるので、アウトドアでも活躍しそうだ。

(文/志水京子)