「家族全員をタダで海外へ連れて行きたい」、これはマイルユーザーの究極の夢だろう。だが“マイル名人”であるメディア産業研究所代表の櫻井雅英氏が「私も、家族へのマイル利用では反省しています」と語るように、家族でのマイル獲得・利用は落とし穴もあるのが現状だ。

 そこで今回は、家族のマイル合算制度の初歩から見落としがちな点、さらに「子供への特典航空券利用は得かどうか」など、家族全員での賢いマイルのため方、使い方をチェックした。

マイル名人が語る、3つのポイント
●家族全員のマイルを合算できる制度には、制限や落とし穴がある。例えばANAでは、合算したマイルは特典航空券やアップグレードにしか使えない。一方、JALにはこうした制限はない。

●子供に対して特典航空券を使うと、“損”になることも。「大人は特典航空券、子供は航空券を購入」など使い分けたほうが得をする場合があるので、慎重に検討したい。

●特典航空券を使って家族で海外旅行に出かけるには、マイルのため方、使い方は「3年プラン」を立てるのが賢い。子供と旅行できる時期は限られることもあり、事前の計画策定は必須だ。

■「家族でマイル旅行」のときに押さえておきたい3つのポイント