ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏による連載。今回はロジクールのトラックボールを取り上げる。ワイヤレスの製品としては割安な価格で店頭では品切れが続出という「Logicool Wireless Trackball M570」。フルサイズのマウスと比較しても引けを取らない大きさの使い勝手を試した!

 本連載などで、僕は折を見てトラックボールを取り上げている。やや廃れた感じのデバイスなのだが、ベテランパソコンユーザーの中には根強いファンも少なくない。最近は、アップルのMagic Trackpadが人気になるなど、マウス一辺倒ではないニーズは少なくないのだ。

 今回取り上げるのは、ロジクールの新製品「Logicool Wireless Trackball M570」で、店頭では品切れが続くほどの人気モデルとなっている。理由はいくつも考えられるが、僕は、手ごろな価格に魅力を感じる。ワイヤレスのトラックボールが4980円というのは相当に割安だ。

 早速、使い勝手を詳細にチェックしていこう。
 まず気になるサイズだが、本体はかなり大きめな部類に入るだろう。フルサイズのマウスと比較してもまったく引けを取らない。このクラスのマウスやトラックボールでは、いつも使い勝手が気になる。大きすぎて指の位置が好ましくないようなケースが少なくないのだ。

 Logicool Wireless Trackball M570をしばらく使い込んでみたが、僕の手でぎりぎり合格圏内だ。おそらく男性の標準的な手のサイズなら同様の印象だろう。やや手の小さな男性や女性には、オーバーサイズの可能性がある。また、手が大きめの男性ならちょうど良さそうだ。どちらにしろ、慣れることで、ある程度使いやすくなるのは言うまでもない。

Logicool Wireless Trackball M570は、親指で操作するタイプのトラックボールだ(画像クリックで拡大)

フルサイズのマウスと比較しても若干大きく感じるボディーサイズ。標準的な手の大きさなら、違和感なく使えるだろう(画像クリックで拡大)