スマートフォンへの対応など先進ユーザー層に対する取り組みが遅れ、この1、2年、不調と批判にさらされてきたau。先日発表された冬商戦ではそれを挽回するべく、「IS03」をはじめとするスマートフォンを大幅に増強。さらにSkypeとの提携を実現するなど先進層に強く訴えかける材料を多数揃えて挑んできた。果たして勝算はあるだろうか?

先進層へのアピールを大幅に強化した新戦略

 去る10月18日、KDDIはau携帯電話の冬商戦に向けた戦略発表会を開催した。その詳細については既報の通りだが、今回の戦略発表で大きく変化しているのは、やはり従来手薄だった先進層に向けたアピールを大幅に強化したという点だ。

日本向けの機能を盛り込まない代わりに、最新バージョンのAndroidを搭載した「Seriusα IS06」。auからこうした端末が投入されることは大きな変化(画像クリックで拡大)

 その象徴が、スマートフォンをはじめとする携帯電話端末以外のデバイスの投入である。スマートフォンについては、既に発表済みのIS03に加え、防水対応の「REGZA Phone IS04」、コンパクトでカラフルな「IS05」、そして「Seriusα IS06」と、Android搭載端末を一挙に4機種投入すると発表している。中でもSeriusαは他と異なり、国内向けの仕様を盛り込まないかわりに、Androidの最新版「Android 2.2」を搭載するという、海外仕様に近いものとなっている。

 また、主要キャリアの中で、auのみラインアップが存在しなかったモバイルWi-Fiルーターについても、「Wi-Fi WALKER DATA05」を投入をするほか、携帯電話に接続して利用する「NEX-fi」の提供を発表。ラインアップを強化している。

 ほかにも、電書籍端末の「biblio Leaf SP02」や、タブレット型端末の「SMT-i9100」など現在注目を集めているデバイスを一通り揃えてきている。携帯電話端末に重点が置かれていた夏モデルと比べても、その傾向は大幅に変化している。

タブレット型端末や電子書籍型端末などスマートフォン以外にも注目を集めるデバイスを多く発表(画像クリックで拡大)