早いもので、今年もこの季節がやってきました。12月号は、年末恒例のヒット商品特大号です。「2010年ヒット商品ベスト30」では、今年ヒットした商品のランキングをどこよりも早くお届けします。ランキングの決定会議では、実は不思議な現象が起きました。ヒットのパターンがほぼ同じ、という商品がいくつもあったのです。消費者の心を捉えたものには、共通項がありました。さて、それは・・・。

 「2011年ヒット予測ランキング」では、来年確実に、はやりそうなものをあらゆるジャンルから集めています。2000年にこの企画がスタートしたときに比べ、当たる確率は、年々上がってきています。今はまだない商品や小さな兆しでしかないサービスなどのヒットを予測していくのでかなり大変な作業です。「モバ美(ビュー)」「アートイカメラ」など、その商品に我々がつけたネーミングにも注目してください。

 さらに、今年は、2010年という節目の年。2000年~2009年の10年間で、弊誌が毎年選んできた合計300個のヒット商品からベスト20を決定。ヒットメーカーなど208人が投票して決めました。こちらも非常に興味深い結果となっています。かつての商品が今につながっているのが、見えてきます。加えて、エコトレンドがわかるエコ別冊もつけました。編集部の血と汗と涙の結晶! 自信作です。どうぞ、ご期待ください。

(日経トレンディ編集長 渡辺敦美)

≪目次詳細≫

【第1特集】

2011年 ヒット予測ランキング

「得するジオゲーム」「モバ美」「新書サイズタブレット」……。地球上に多種多様な生物が存在しているのと同様に、2011年は「モバイル多様性」が注目される年になる。一方、「アートイカメラ」や「チアリーダー飲食店」など一見「キテレツ」だが、「基本性能」のレベルも高い「質実冒険」タイプの商品も売れる。ヒットを生み出すキーワードを探った結果、2011年に売れる製品・サービスが見えた。

【第2特集】

2010年 ヒット商品ベスト30

潮目が変わった。エコカー補助金が終わり、家電エコポイントも縮小……2010年は国策ヒットが影を潜めた。安いだけでも売れず、むしろヒット商品に共通したのは、身近な物にちょっとした「付加価値」を持たせた点。3D映画、プレミアムロールケーキ、ポケット ドルツ……消費の低迷が続く半面、「節約疲れ」が見え隠れする。一方、業界のガリバーは相次いで「追随商品」を投入。食べるラー油やスマートフォンなどを力技で売った。まだまだ財布のひもが固いなか、消費者の購買意欲を喚起したヒット商品の数々を分析し、2010年を総括する。

(画像クリックで拡大)

Amazonで買う
日経BP書店で買う

twitterとポッドキャストで最新トレンドを紹介

日経TRENDY編集部 on twitter
週刊日経トレンディ

 雑誌「日経トレンディ」編集部のtwitter公式アカウントでは、最新トレンド情報や発売号の注目記事などの役立つ情報を紹介しています。また、ポッドキャスト「週刊日経トレンディ」では、日経トレンディ編集長・渡辺敦美が、旬な話題やキーワードをテンポ良く解説。聴くだけで、1週間分のネタが仕込めます。