皆さん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの山田英次です。

 いよいよ今回は、教育費の負担が最大になる大学でかかる費用について考えてみます。大学に通う子どもたちの中には、自分の学費について全く興味がない人も少なくないようですが、多くの親は楽々と費用を負担しているわけではありません。高校まではなんとかやりくりできても、白旗を上げたくなってしまうのが、大学にかかる費用なのです。

 一般的に大学生は在学中に20歳を超えるため、法的にも大人になります。しかし学費の負担に関しては子どものまま卒業する、つまり最後まで親が学費を負担するケースが多いでしょう。確かに年齢は20歳を超えても、即座に経済力を持つわけではないので、仕方がない面もあります。ですが、学費負担のイメージはダイレクトに伝えてもよい年齢でしょう。

 では、具体的な金額を確認するのは少々怖い気がするかもしれませんが、実際の学費等を見ていきましょう。