皆さん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの山田英次です。

 前回のコラムは、大人になりつつある中学生のお子さんとの接しかたを交えながら、「そろそろ出費が増えていきますよ」という主旨でした。そして高校生になっても、出費の勢いは衰えません。

 子どもが高校生になるころから大学を卒業するまでの間、多くの家庭では、貯金を切り崩しながらやりくりをするか、がんばって預金残高を維持するかのいずれかの状況になります。子どもの前では言えませんが、多くの親はこの数年間、冷や汗をかきながら過ごしているのです。

 どうして、このような状況に陥るのでしょうか。その主な原因の一つは、「避けられない出費の重複と継続」です。子どもが高校生になるころは、教育費自体の出費が高いレベルで続きます。それに加えて多くの家庭では、まだ終わりが見えない住宅ローンの負担も家計に重くのしかかってきます。

 さきほど「避けられない出費の重複と継続」という表現を使いましたが、教育費と住宅ローンは、双方ともに「待ったなしの出費」なのが共通の特徴です。どちらも、今月はお金がないからちょっと待って下さい、とは言えないのです。

 余談ですが、多くの家庭が住宅購入を検討するタイミングは、教育費のピークを迎えるはるか前、子どもの幼少期またはそれ以前になります。つまり教育費の負担がないか、あっても軽い時代に住宅購入に踏み切る例が多いのです。このときに背伸びし過ぎた買い物をしてしまうと、後から家計がきつくなります。