■機能は少ないが、VHSに慣れたレコーダー初心者にも使いやすい

 画面のシンプルさは、ソニーの液晶テレビ「BRAVIAシリーズ」の別売品としてラインアップしている外付けHDDレコーダー「BRXシリーズ」にも似ている。国内大手メーカーのテレビやレコーダーであればテレビ欄タイプの番組表が当たり前だが、デジタルチューナーはさまざまなサイズ・解像度のテレビ(もしくはPCディスプレイなど)に接続する可能性があるため、このような画面構成になっているのかもしれない。

リモコン下部の「録画リスト」を押すと録画リスト一覧が表示される(画像クリックで拡大)

再生画面。早見再生にも対応する(画像クリックで拡大)

 しばらく使ってみたところ、動作が不安定になることもなく快適に利用できた。ボタンを押してからの反応もなかなか機敏なので、ストレスを感じることもなかった。最新テレビの番組表に慣れてしまった人には、驚くほど単純でおおざっぱな画面に感じることだろう。だが視力が低い人でも見やすいし、操作にも迷うことはないはずだ。

 デジタル3波を録画できるのは魅力だが、番組表の表示がおおざっぱで、データ放送にも非対応。オマケ機能も付いていないなど若干の不満は残る。だが逆に、番組表など表示できないのが当たり前のVHSユーザーには、初心者には余計な機能が付いていない方が使いやすいかもしれない。

 次回は東芝の「REGZAチューナー D-TR1」を紹介しよう。このモデルは初心者から録画ファンまで、幅広くお薦めできるモデルだ。

(文/安蔵 靖志=日経トレンディネット)

著 者

安蔵 靖志(あんぞう やすし)

IT・家電ジャーナリスト、家電製品総合アドバイザー
 デジタルAV機器を中心に、デジタルガジェットから白物家電まで幅広く取材・執筆している。All About「パソコン周辺機器」「オーディオプレーヤー」「スピーカー」などのガイドも務めている。KBCラジオ(九州朝日放送)を中心に全国6放送局でネットしているラジオ番組『ヨドバシカメラプレゼンツ キャイ~ンの家電ソムリエ』にも出演中。

iPhone向けアプリ動画マガジン「細川茂樹のミスター・コンシューマー」にも制作・出演で参加しています。ぜひご覧ください!