2011年7月24日の地上アナログ放送停波まで、あと10カ月ほどとなった。筆者はデジタルHDDレコーダーとアナログDVDレコーダーを併用しているが、DVDレコーダーで録画した番組には四六時中「アナログ放送終了のお知らせ」なるテロップが流れ続けており、ゲンナリする読者も多いことだろう。

 来年7月末にはすべてのアナログテレビで放送を視聴できなくなるということもあり、デジタルチューナーが注目を集め始めている。総務省の狙い通り、実売で5000円を切る地デジチューナーも登場している。決して安い買い物ではないが、これで安心してデジタル放送移行を迎えられそうだ。

 既存のアナログテレビでデジタル放送が見られるようになる地デジチューナーは「安心感」を与えてくれるが、ただ地デジが見られるだけでは“お買い得感”がない。そこでお薦めしたいのがUSB HDDに録画できるデジタルチューナーだ。

USB HDDに録画できるデジタル3波チューナー「PVR-3」

 今回は、エグゼモードが2010年8月に発売した「PVR-3」を紹介しよう。PVR-3は地上/BS/110度CSデジタル放送を視聴できる3波対応のデジタルチューナーで、前面と背面にUSB端子を搭載している。USB端子にHDDを接続すれば、番組録画もできる。USBハブにも対応しており、最大6台までのHDDを同時接続できる。

エグゼモードが2010年8月に発売した3波対応デジタルチューナー「PVR-3」。USB HDDへの録画機能を備えている(画像クリックで拡大)

 出力端子はアナログテレビに接続できるコンポジット端子(赤・白・黄色の端子)1系統のほか、D4端子1系統、HDMI端子1系統、光デジタル音声端子(角型)1系統を備える。HDMI入力を備えるモデルなら、PCディスプレイへの出力もできる。