今回は、夏休みの自由研究から高専・大学でのクラブ活動、大人の趣味まで、幅広い目的で注目されている組み立てロボットの売れ筋を取材した。

 訪れたのは、秋葉原にある国内初のロボット専門店「ツクモRobot王国」。同店の渡邊氏は「ロボットといえば、一般的にはぬいぐるみ系のトイロボットが人気と聞きますが、ウチの売れ筋は二足歩行タイプや工作キットが中心となります」という。そんな硬派な人々に支持されているヒットモデルは以下のとおりだ。

■組み立てロボットの売れ筋ランキング
1位 KHR-3 HV センサーセット近藤科学14万9800円(ポイント5%)
 身長401.05mmの二足歩行ロボット。標準構成では関節用モーターが17軸組み込まれており、合計22軸まで増やせる。セットの付属品はコントローラーと姿勢制御用センサー。
2位 ロボビーナノ スペシャルセットヴイストン6万3000円(ポイント5%)
 身長230mmのやや小さな二足歩行ロボットで、15軸の関節用モーターを搭載している。スペシャルセットには、無線コントローラーとセンサーボードが付属する。
3位 ロボットアーム MR-999エルキット4980円(ポイント2%)
 5軸のモーターを動かして物体がつかめる組み立てアーム。有線コントローラーを付属しており、組み立てから簡単な制御までを学習できる。アームの動作半径は360mm。
4位 ライントレースカー MR-002エルキット1800円(ポイント2%)
 地面に描かれた黒い線をたどって自走するカーロボットの基板セットで、はんだ付けの学習用という側面もある。基板のサイズはW120×D170mm。カーの外装は付属しない。
5位 ロボットデザイナー RDS-X01U Platform+USBジャパンロボテック1万2915円(ポイント2%)
 コントローラーボードや自走用のタイヤ、キャスターなどを同こんしたオリジナルロボット製作キット。基本的なパーツを基に、自分ならではのロボットが設計できる。

 ランキング上位には、価格や外観、用途の異なる多様なロボットが並んだ。このうち1~2位は、人型の形状を基本にした二足歩行タイプで、購入層は入門者から上級者まで幅広い。3~4位はロボット工作のビギナー向けで、学校の自由研究用にも人気があるラインだ。パソコンを使った制御が基本的に不要という特徴もある。5位は、ロボット工学の学習用にも需要がある中上級者向け。自分でロボットの完成図を描いてプログラムを組むといった自由度の高い製品となる。各ジャンルの詳細は、次のページから順に追っていこう。

ツクモ パソコン本店IIの2階にあるツクモRobot王国。入り口付近には、ロボットの動作デモ用のステージが設けられている(画像クリックで拡大)

※なお、表や写真で掲載している価格とポイントは、2010年8月11日14:30時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。